大変貴重な「タヒボNFD」の原料

いずれ「タヒボNFD」の供給量に限界が!?

アマゾンのジャングル上空からの写真
アマゾンのジャングル
上空からの写真

タヒボNFD」の原木タベブイア・アベラネダエは大変貴重な樹木です。
しかも、その原料となるのは、特定地域に天然自生する30年以上の成木のみです。
厳正なる検査基準に合格したものだけが「タヒボNFD」の原料となるのです。

タヒボ(タベブイア・アベラネダエ)の希少性

タヒボの原木タベブイア・アベラネダエ
天然自生しているタヒボNFD
原木タベブイア・アベラネダエ

タヒボ(タベブイア・アベラネダエ)は100%天然であるがゆえの宿命があります。それは、すなわち「タヒボNFD」の供給量に限界があるということです。
しかも、自然の生態系を崩さない量の伐採を方針としており、環境破壊にも十分な配慮をしているため、希少性が高くなります。

そのため、「タヒボNFD」の供給量の限界をご心配いただくケースが増えてきております。将来的にそのような心配が起きた時にもご安心して、「タヒボ茶」をご愛飲いただけます様に優先制度を設けております。

どれほど「タヒボNFD」の原料が珍しいかを少しご紹介しましょう!

特定の区域に天然自生しているものだけを原料としている

ブラジルのアマゾン奥地にある特定の伐採区域のみに天然自生しているものだけが「タヒボNFD」の原料となります。

同じような種類の樹木は百種類以上あるが、「タヒボNFD」の原料となるのは1種類のみ

南北アメリカ大陸では100種類以上の類似する木が発見されていますが、「タヒボNFD」の原料となるのは、たった1種類だけなのです。

30年以上の成木のみが「タヒボNFD」の原料となる

発見したものが30年以上のものである確率は約40%。せっかく発見しても、30年以上の成木にならなければ、高品質の「タヒボNFD」の原料にはなりません。30年以上の成木の発見はジャングルでも簡単ではありません。

発見された「タヒボNFD」の原木の成分品質の検査を実施する

合格したものしか伐採しない。確率は70%。1キロメートル四方に1本の木を発見しても、30年以上の成木であり、かつ高品質のものは確率にして28%(40%×70%)のみ。「タヒボNFD」が大変貴重であることがお分かりいただけると思います。

タヒボパートナーシップ実践会問合せ

▲ページTOPへ